アスリートのパフォーマンスをより向上したい。『科学的トレーニング』を実施してみたい。乳酸測定をトレーニングに活用したい。一歩進んだ『科学的トレーニング』のために、トレーナーやアスリートの明日からのトレーニングに役立つ情報を発信します。

サイエンスの観点からモニタリングを積極活用した『科学的トレーニング』。

アスリートの記録を伸ばすためにモニタリングすべきデータとは?
モニタリングデータを具体的なトレーニングに活かすノウハウとは?
スポーツトレーナーのあなたが直面する課題や疑問を解決する専門的な情報を発信します。 特に、乳酸に着目した科学的トレーニングの解説から乳酸測定の活用方法、様々な科学的トレーニングの実例などを配信します。

スポーツトレーナーのあなたへ、「知らないと損をする科学的トレーニング情報」をお届けします。

ブログ

ハムストリングスを効果的に鍛えるには?

前回の記事では ハムストリングスの分類と、 各ハムストリング (大腿二頭筋長頭・短頭、半腱様筋、半膜様筋)の 働きの違いについて触れました。 まずは特に重要な、 羽状筋、紡錘状筋の違いについて 少し復習をします。

ハムストリングスの機能差

『ハムストリングス』 これはモモの裏の筋肉で、 傷害予防・パフォーマンス向上など、 様々な点において重要な筋肉ですよね。 ある程度のレベルのアスリートなら、 「ハムってどこ?」と聞けば 大体の場所は指させるでしょう。 そ …

傷害予防方法の実際の効果

前回の記事では、スポーツ傷害、 特に慢性傷害、ノンコンタクトの急性外傷は、 ミスユースかオーバーユース、 もしくはその両方の負荷に対して、身体の組織が耐え切れずに受傷すること、 また、スポーツ傷害を予防するには 身体を強 …

多角的視点から傷害を予防する

「いかに傷害を予防するか」 これはトレーナーだけでなく、 コーチや選手も重要性を感じていることでしょう。 プロであれば年俸1千万円の選手が 怪我でシーズンをアウトしてしまうと 1千万円の損失。 選手の補充がきかない学生ス …

浅いスクワットと深いスクワットの使い分け

スクワットには フル、パラレル、ハーフ、クォーターなど、 様々な深さでの実施方法があります。 一般的には 深く下まで降ろして実施することが基本であり、 そのことによって 大きな関節角度で運動することによる 柔軟性の増加、 …

PAGETOP